【セミナー動画配信中】渡邊浩滋税理士『経費はどこまで認められる?税務調査と経費計上の対応法』

こんにちは。ビズアナオーナーの運営、マーケティング担当の古田です。


暑いながらも秋の気配を感じるようになりました。

あっという間に秋ですね。暑かったり涼しかったりと変化の激しい季節、コロナはもちろんのこと、風邪などにも気をつけて過ごしたいですね。


さて、ビズアナオーナーではそんな中でもご自宅でじっくりと賃貸経営について学んでいただくため、過日8/28(土)に第3回目のオンラインセミナーが開催されました。


渡邊浩滋税理士プロフィール

大学在学中に司法書士試験に合格。 大学卒業後総合商社に入社。法務部として契約管理、担保管理、債権回収などを担当。 退職後、税理士試験に合格。 実家のアパート経営(アパート5棟、全86室)が危機的状況であることが発覚し、 経営を立て直すために自ら経営を引き継ぎ、危機的状況から脱出。 税理士の視点と大家の視点からアパート経営を支援するために活動中。 また、独自のシステムを開発し、より多くの大家さんに事業戦略やキャッシュフロー改善などの提案ができるように全国フランチャイズ展開中!


【セミナーテーマ】

『経費はどこまで認められる?税務調査と経費計上の対応法』


今回は賃貸経営での節税のポイントとなる、経費計上と税務調査についての講演です。

どのような費用が経費として計上できるのか、必要経費になるか否か悩ましい費用があります。そのような経費についての解説、税務調査のポイントなどについて、大変興味深いセミナーとなりました。


✅ 経費になるもの・ならないもの

✅ 税務調査の噂ウソ・ホント

✅ 具体的な経費対応法(物件調査費、自宅事務所など)

✅ 気をつけなければいけない経費

✅ 目をつけられない確定申告記載法 など

今回は特別セミナーとして、ビズアナオーナー会員様限定での参加とさせていただきました。お申込者の半数以上が1回目、2回目開催時にご参加いただいたリピーターの会員様で、渡邊浩滋税理士セミナーの満足度の高さが伺えます。


今回もセミナー後アンケートでは100%に近い不動産オーナー様が「満足」「分かりやすかった」とご回答いただきました。


都合が合わずご参加できなかった不動オーナー様、ご参加いただきもう一度復習したい不動産オーナー様。今回もビズアナオーナーの会員様向けに無料公開しております!

▼セミナーサンプル

※2021年8月28日(土)Zoomウェビナーにて開催されたものです。

 約10分間(全体約1時間40分間)をご覧になれます。


ビズアナオーナーに無料登録をいただきますと、質疑応答コーナーまでもれなくご視聴いただけます。これを機にぜひご覧ください。